幼稚園の紹介
西別院幼稚園 沿革

 西別院幼稚園は、昭和3年、名古屋別院の教化活動の一環として開設した『本派幼稚園』が始まりです。昭和7年に、境内南東側の鐘楼横に園舎を建設してからは、毎年70人〜100人ほどの園児が巣立っていきました。

 

 しかし、空襲が激しくなった昭和20年4月から閉鎖を余儀なくされ、同年5月17日の名古屋大空襲で、別院本堂など境内の諸施設のほとんどが灰燼に帰す中、焼け残った園舎は、別院の仮本堂として使用されました。

 

 昭和29年には早くも復興、卒園生と地域住民の協力と尽力の中、木造園舎を新築、『西別院幼稚園』と改称して再び保育を再開。その木造校舎も老朽化が進み、昭和61年には、鉄筋コンクリート造で全面新築され現在に至っています。

また、 平成19年10月には、社団法人愛知県私立幼稚園連盟より『幼稚園創立70年以上』の園として表彰状を授与されました。

 

 宗教法人立の仏教幼稚園として毎月の本堂参拝をはじめ、春には花まつりや降誕会、冬には報恩講や成道会などの仏教行事を取り入れての保育を行っています。また、卒園を控えた年長の園児たちは卒園を迎える3月、京都西本願寺へ「卒園お礼参拝」を行うなど、『いのちの大切さ』がわかるよう、仏教精神に基づく心の保育を行っています。

阿弥陀

 

合掌

 

表彰状
トップページ
幼稚園の紹介
園長よりごあいさつ
沿革
1日の流れ
1日の流れ
各種行事
行事案内
ひよこ教室
園庭開放
リンク
入園について
園児募集
点線
ライン 設置者

〒460-0018

愛知県名古屋市中区門前町1番23号

浄土真宗本願寺派(西本願寺)

学校法人 名古屋龍谷学園西別院幼稚園

電話 052−321−8055

FAX 052−321−8079